FC2ブログ

インディゴって水に溶けないの?・2

おはようございます。

スカイスパです。


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
     いつも訪
問ありがとうございます
   ↑ ここをポチっと!
 ここには、オシャレになるための秘密がいっぱいです。
 ★見てみて下さい!



昨日のつづきでインディゴのお話です。

200px-Indigo_plant_extract_sample.jpg


インディゴは水に溶けているといいましたが、もともとは水溶性なわけです。
インディゴの元はインジカンという天然の化学物質です。
これが6種類の化学組成の物へ変化をします。
重合して難溶性の疎水物になるのです。
インディゴは水を含む時間が少ないと早く脱水縮合してしまうために
インジルビンの赤紫色になってしまいます。水を含んでいる時間が長いほど
インドキシルとイサチンの結合が起こらないのでインジコのまま酸化して青になります。

インディゴは最初は加水分解されていないで、水酸基の-OHが4つ付いている状態。
酸化前のインジカンは無色ですが、緑はアクや葉の樹脂の成分でそれが髪に入る。
水が多いと脱水して化学縮合が起こらないので水を含ませる時間が長いことで
青が出ます。
最初から青が出ている場合、酵素加水分解が起きているのでその日の染色は青に
染まります。ですから緑になっていることは正しいことなのです。

スカイスパでは、白髪染めはほとんどヘナ・インディゴの2回染めなのですが、
ヘナして、インディゴで後染めすると、混ぜて染めるよりもインディゴの発色は
比較的早いようです。
インディゴの後染めをして流して、タオルドライしているうちにインディゴは発色してきます。
途中で髪の切り替えしをして空気を入れることでインディゴの発色を促進させているのです。


講習のお知らせです。

ハナヘナ講習in神奈川


日時  3月19日(火曜日)

時間  14時から

場所  Calypso chocolat organic

講師  堀江 亮
     渡邉 信一

お申し込みはこちらで!(キャンセル待ちです。)
http://www.facebook.com/?ref=tn_tnmn#!/events/159256384224561/


メンズ縮毛矯正講習 in東京


日時  3月26日(火曜日)

時間  1時半より受付

場所  東京総合美容専門学校
     171-0022
       東京都豊島区南池袋2-8-7
       tel 03-3987-2011
講習費  ¥3000

講師  渡邉 信一(美容室skyspa)

主催  SNW事務局
      tel 0422-32-3719 fax 0422-32-3724



当店はハナヘナ認定講師のサロンです。

DO-S・ハナヘナ商品購入入口

テラ水 商品購入入口


  
いつも訪問ありがとうございます。
  これらを、ポチッとご協力お願いします!

       ↓                 
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ  
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

フェイスブック  mixi  Twitter
 お友達募集しています。
  フォローしてね。 


美容室スカイスパ

東京都葛飾区立石2-23-15-102
スカイスパのブログ





スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
13位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報