FC2ブログ

薬剤の侵入経路・2

おはようございます。

スカイスパです。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

↑ 上のバナーをポチッとお願いします

昨日はチオグリコール酸のところで終わったので、まずシスティンです。
skyspa.blog.fc2.com/blog-entry-639.html
毛髪表面は疎水性であるがために、水を弾きます。そのために入っていくには
疎水性である必要性があるわけです。
で、システィンはチオより親水性であるためになかなか内部に拡散しません。もっというと
キューティクルを通過したシスティン分子のアミノ基の+イオンがコルティクスの-イオンに
引き留められて内部拡散を妨害するからということです。ですからシスティンの還元は
キューティクル付近でとどまることになります。

そしてコルティクスです。髪の表面は疎水で水をはじく。しかし中は親水性です。
コルティクスは親水性なんですね。毛髪の80%はこの部分です。だから髪の性質は
コルティクスの性質なんです。
コルティクスにはオルソとパラがあります。パラのIF(ミクロフィブリル)が繊維状で縦方向。
オルソのIFは繊維軸に対し傾斜しています。(パスタをゆでる時に鍋にクロスにしてⅩ字に
入れるでしょ。あの感じです)
パラのIFは茹でる前のうどんの乾麵のストレートですね。。これの束は隙間がほとんど
ありません。これがパラのIF-AP(マトリックス)が極少ないコルティクス部にIFがストレートに
並んでいるわけです。こういった束は薬剤の侵入経路が1つの束に横からなんでまったく
薬剤が入れないわけです。パラは薬剤侵入は時間がかかるわけです。

チオグリコール酸でパラで5~10分で入れる幅はほんとにわずかです。
それにくらべオルソは先ほど言ったⅩ字の形なので広がって隙間が多いわけです。
扇状に広がりクロスされて上下に積まれている状態なので、1つのコルティクスのブロックが
IF間の隙間のS-S結合切って薬剤侵入しても、IFだけの束の中心部に還元が起こるわけです。

コルティクスを構成しているのはタンパク質です。毛髪は95%以上タンパク質です。
タンパク質の分子の運動が毛髪の性質に直結していくわけですね。
またまた長くなりそうなので続きです。。ってこれシリーズ化してくんのかい??




DO-S・ハナヘナ商品購入入口


いつも訪問ありがとうございます!

これらを、ポチッとご協力お願いします!

     ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ  
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


フェイスブック   mixi  Twitter
 お友達募集しています。
   フォローしてね。 

美容室スカイスパ

東京都葛飾区立石2-23-15-102
スカイスパのブログ








スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報