界面活性剤


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

↑ 上のバナーをポチッとお願いします


おはようございます


スカイスパです。

今日はシャンプーのお話です。

スカイスパはDO-Sシャンプーですが、これは界面活性剤です。
界面活性剤といえば一番の代表は「石鹸」ですが、これはアルカリと反応させて
作るアニオン界面活性剤です。いうならば原料が天然物なので天然系界面活性剤です。


スカイスパのブログ


実は界面活性剤は大きく誤解を受けています。界面活性剤は科学物質だから
身体に悪いという印象です。そもそも科学的にみれば水も空気も人すらも
科学物質です。
しかし、すべて日常生活に必要なものなのであたりまえの物ですから
わざわざ化学物質とは言いません。
何か問題がおこるとすぐマスコミなどで「化学物質の影響でとか・・・
言います。これが誤解のもとですね。
合成とは人が科学反応を利用して、その化学物質を作ったときいますので
天然物以外は全部、合成界面活性剤ということです。

殆ど界面活性剤は科学反応を用いて作られるので科学的に分類すれば
合成界面活性剤です。この中で原料が天然石油かに区別されます。
DO-Sシャンプーは石油の合成界面活性剤です。

界面活性剤の働きとしては、水と油を溶け合わせる働きをすること。
水に馴染みやすい親水基と、油に馴染みやすい疎水基の両方をもっています。
両親媒性の働きです。
分類わけとして多くいれられるのが、イオン型です。
水に溶かしたときイオンになるか、ならないかで分類してさらにイオンの種類で
分類します。

人間の肌や毛髪はマイナスイオンを持っています。
イオンは磁石と同じ。マイナス士は反発して、プラスマイナスは引き合います。
洗うときはマイナスイオンを持つアニオン(-)界面活性剤をつかうと反発し
油を引き離してくれます。
一方リンスなどではカチオン界面活性剤のプラスと毛髪のマイナスイオンが
引き合い表面にしっかりつきます。

アニオン(-)界面活性剤は洗剤、化粧品など身の回りで広く使用されて
います。カチオン(+)界面活性剤は、洗浄力はありませんが殺菌効果、
リンス効果、帯電予防効果などの機能があります。
両性界面活性剤は、文字通りアニカチ両方を含んだもの。
皮膚に対して低刺激性です。

DO-Sさんのお話によりますと
DO-Sシャンプーは、最近コンプレックスを
考えてアニオンよりにしているらしいです。
現場主義のDO-Sさんらしい、バランスを考えたレシピなのでしょうね。


スカイスパのブログ

DO-S・ハナヘナ商品購入入口
 

いつも訪問ありがとうございます!

これらを、ポチッとご協力お願いします!

     ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ 
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


フェイスブック  mixi  Twitter
 お友達募集しています。
   フォローしてね。 

美容室スカイスパ

東京都葛飾区立石2-23-15-102
スカイスパのブログ

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報