美容室へのクレーム

みなさんは美容室でクレームを言ったことがありますか?
また、美容師のみなさんはいわれたことがあるでしょうか?

だぶん両方ともあるのではないでしょうか?

最近はクレームはネット上で可視化され、共有化されています。

最悪の場合、たったひとりのクレーマーによって、お店の経営が脅かされるコトもあることも・・・


以下は消費者センターに寄せられたクレーム例です。

・まつげパーマ液が目に入り、その後ものがぼやけて見えるようになった。

・パーマをかけた後、洗髪したらまとまりがつかず、帽子を被らないと外出できない。

・ストレートパーマの施術を受けたが、生え際がちりちりになった。

・毛先パーマを頼んだのに頼まないストレートパーマをかけられ、毛先パーマはかかりが悪い。

・髪を染めた際に生え際に付いたヘナをリムーバーで拭いたら火傷し、色素沈着、瘢痕等の診断書が出た。

・ヘナの白髪染めをしたら、1週間ほど頭がヒリヒリした。その後抜け毛が多くなったように思う。

・ブリーチした直後から体調が悪くなり、その後毛が抜けた。

・髪を染めたが違う色に染められた。1週間後にヘアマニュキアをし直すと言われ応じたが直らなかった。

・ヘアマニキュアの年間割引利用を勧められ契約。一括払いの前金を支払ったが

 指定カラーが思ったモノと違った。

・スチームマッサージを受けたところ、頬が火照り真っ赤になった。

・カットした後に多量にかけられたヘアースプレーが目に入り、1晩中痛んだ。

・カット中、耳を5ミリほどはさみで切られた。微熱が続き医者通いしている。

 などなど…


私が思うにはクレームが、一生のお客様としてつきあっていくために必要と考えます。


例えばホテル業界では、クレームのことをコンプレインというのですが、コンプレインを言った

お客様は必ずもう一度そのホテルに来ると言われています。


放火犯が現場を見に来るのと同じように、自分が言ったクレームに対してその後どう変わったか

現場に確認に来るのです。


これがお客様の心理です。


もう一回来たときこそ勝負だと思うのです。

そのときどういう対応ができるか?ここがポイントです。


クレームを言った人は必ずもう一度来ます。

もう二度と来ない人は、最初からクレームを言いません。


クレームを言った人は、自分が言ったことが改善されているか確認したいから

もう一度来るのです。


外国人のクレームは「サンキュー」から始まると言われています。


クレームはラブレター!

どんどん受け入れましょう!

美容室スカイスパ

スカイスパのブログ
にほんブログ村のランキングに参加しております。
    ↓
これを、一日一回ポチッと押してくださいね!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報