ビックロッドのウェーブ形成力


スカイスパのブログ


ファースト剤はいつも通り酸性チオ。
スカイスパのブログ
セカンド剤はシステアミン+アルカリチオ(7分)

サード剤はハード系のアルカリチオです。(3分)






パーマ剤の還元剤・チオグリコール酸はPHがアルカリ領域でなければ安定したウェーブ形成力が発揮できません。
システィンもチオ系同様に、アルカリ領域で働きます。

カーリング料に含まれるシステアミンは、酸性領域でウェーブが作れるので、
髪への負担が少ないのです。

PHと髪のダメージをもう少し厳密に考えてみると、パーマ後の髪がいつまでも高いPH状態を保っていますと間充物質が流出しやすくなります。

施術が終わった後の髪をできるだけ早く弱酸性に戻すと共に、
アルカリが残留しないようにします。

そのため2剤は過水で早くブロックしたほうが、ダメージが少ないといえます。


にほんブログ村のランキングに参加しております。


これを、ポチッとご協力お願いします!

     ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


美容室スカイスパ
スカイスパのブログ












スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報