弱酸性パーマ、スピエラ

アルカリ性パーマと弱酸性パーマはどう違うのでしょうか。


還元剤である1剤でシスチン結合を切って

ウェーブをかけて固定し、酸化剤である2剤で

シスチン結合を再び結合させるというシステムは

アルカリパーマも弱酸性パーマも同じです。


しかしここで決定的なのは、二つの薬剤のペーハーが

まったく違うということ。


Ph4.5だと弱酸性パーマの還元力

つまり酸素を奪う力は最高でも85%しかありません。

これはどんなに髪の組織を分断しても

酸素がまったくなくなる状態は起こらないということです。


つまり髪が酸欠で死ぬことはありません。

アルカリパーマが120~130%酸素を奪うのと比べると

その違いがよくわかると思います。


4.5は皮膚の等電点5.0より低いのですから

たとえ一日中髪を還元剤につけておいたとしても何でもありません。


では弱酸性パーマ液の酸化力はどうでしょうか。

なんとこれが400%以上の酸化力を持っているのです。

ということは最初の還元剤で85%の酸素が奪われたとしても

次の酸化剤で400%以上の酸素が与えられるというわけですから

差し引き300%以上の酸素が毛穴から吸収されることになります。


つまり弱酸性パーマをかけると、

かける前より毛髪や頭皮にたくさんの酸素をもらって帰ることになるのです。


弱酸性パーマはアルカリパーマのように頭皮から酸素を奪うのではなく

むしろ大量に供給しているのです。


ですから弱酸性パーマをかけた髪はつやとコシがでて

いきいきとした髪によみがえるのです。


また弱酸性パーマはアルカリ性パーマと違い

弱い酸性を帯びた溶液を使っているので

もともと弱酸性である髪や頭皮に親和性があります。

ですから髪を傷めることはないといえるでしょう。



スカイスパのブログ



by.S


にほんブログ村のランキングに参加しております。

これを、ポチッとご協力お願いします!
     ↓
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
 にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
にほんブログ村


美容室スカイスパ
スカイスパのブログ




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
6位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報