AGAとは?  ~Andro Genetic Alopecia~

こんにちは、



スカイスパです。



スカイスパのブログ


東京は葛飾区の美容室ブログです。
髪の健康を第一に考えてお客様の個性を最大限に生かしたデザインの追及を日夜考えております。

ご予約をお待ちしています。


美容室skyspa

東京都葛飾区立石2-23-15-102

予約電話番号です。

☎03-5654-6250
(基本火曜日定休、時に月曜も休むときがあります)

ご予約・お問い合わせはこちらからです。




今日のご紹介ブログです。

三ノ宮兵庫美容家西島一輝の綺麗になりたい方へのブログ★
神戸の若手美容師、西島君のブログ

ヘアメイク・ファイン 大阪 ブログ
矯正職人 金川さんのブログ

TVG東京ヴァンテアンの社長のひとり言
美容室・東京ヴァンテアン中林社長のブログ

 



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村
ポチッの協力をお願いします。



 

AGAとは?
AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態
のこと。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになる。

AGAが起こってしまう原因は2つの要因があります。

一つは『脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の影響。

脱毛ホルモンが髪の毛を作る『毛母細胞』に影響を与え、髪の毛の成長バランス(ヘアサイクル)を崩し、髪の毛が充分に成長
できなくなり、結果薄毛ハゲになってしまうという状況が起こります。

なぜこの脱毛ホルモンができてしまうのかと言うと、男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が
結びつくことによって発生されてしまいます。

テストステロンは標的臓器の5αリダクターゼにより、ジヒドロテストステロン(DHT)へと代謝される。

テストステロン自体には禿げを起こす作用はない。DHTに代謝されることで初めて薄毛、性欲減退を促す作用が出る。
5αリダクターゼの分泌量は遺伝が関係しているため、遺伝的要因が原因と言われる。

 

脱毛ホルモンができる原因→テストステリン+5αリダクターゼ=脱毛ホルモン(DHT

この5αリダクターゼがテストステロンを受容してしまうと脱毛ホルモンが作られてしまい、

1度脱毛ホルモンが作られるようになってしまうと、AGA治療をしない限り、永遠に作られ続けることになります。
ゆえにゆっくりとハゲ続けてしまうということになる。ちなみにプロペシアは5αリダクターゼ抑制作用です。

 

二つ目の原因は、17型コラーゲンの減少。

毛包幹細胞が年を取り活動能力が低下することで、徐々に毛包が縮小し同時に「17型コラーゲン」量も減少すること、
それに伴い毛髪自体がどんどんと細くなりミニチュア化し、最終的にその毛根からは新しい髪の毛が生えなくなってしまう。
17型コラーゲン」量の減少と薄毛の進行が密接に関係があるということ。
また、白髪に関しても「17型コラーゲン」量が減少することで、毛包内の色素幹細胞の色素細胞の供給量が減り、
白い髪の毛が増加していく。
     加齢によって17型コラーゲンが少なくなる

     髪の毛の元となる幹細胞の分裂が阻害される

     不完全な幹細胞は表皮の角化細胞(フケ)となって剥がれ落ちる

     毛包は元気をなくしていき、髪の毛が細くなる

     毛包がその活動を停止する

では17型コラーゲンとは?

17型コラーゲンは細胞接着分子の1つで、細胞と細胞をくっつける役目。

幹細胞

髪の毛は毛根にある毛母細胞という細胞が分裂し、角化することで作られる角化細胞です。

毛母細胞へ分裂するよう指示を出すのが、毛細血管から栄養を受け取る毛乳頭です。毛母細胞は幹細胞から作られるので、
毛乳頭も毛包幹細胞も髪の成長にとって重要な細胞です。

 

毛を作る細胞を包んでいる「毛包」

その毛包にある幹細胞が毛を作る重要な細胞なのですが、この毛包幹細胞が17型コラーゲンによって固定されている。

この17型コラーゲンが加齢と共に減少することで毛を作る毛包幹細胞が小さくなってしまい、
毛が細くなり、最終的にはフケや垢として毛包幹細胞が体内から出てしまう事で毛が生産されなくなる。

 

幹細胞とは?

幹細胞とは、「新しい脂肪」や「新しい血管」などに分化(変身)して、他の細胞の活性化や自らを複製するなど、
さまざまな能力を持った細胞のこと。

幹細胞②

毛包の根元には、バルジ領域と呼ばれる部位があります。
このバルジ領域には、毛を作る「毛包幹細胞」が存在し、休止期から成長期にかけて細胞分裂することで、毛髪が形成されます。
この毛包幹細胞の働きが悪くなることで、休止期から成長期へのサイクルがストップしてしまい、毛周期の異常が発生します。

 バルジ領域



幹細胞移植は、採取した脂肪から移植用の成熟脂肪細胞(すでに脂肪に分化した大人の細胞)を使います。
それを頭皮に注入することで毛根の周囲に存在する脂肪前駆細胞(脂肪になる前の細胞)が活性化し、成長因子が分泌されて
毛包幹細胞に作用します。

この細胞から作られる様々な成長因子(グロースファクター)が、休眠状態の毛包幹細胞に作用。
休止期から成長期へのサイクル移行、スイッチを入れて発毛を促します。

why_fig3.png

脂肪細胞は310年の寿命と見られており、成熟細胞が死ぬ間際に発するサインを近くにある幹細胞がキャッチし、
脂肪へと分化していく。幹細胞の数が尽きてきたら補充する。これを繰り返すことで毛髪は再生されていきます。

 

 

幹細胞移植というと、白血病治療で有名な造血幹細胞移植。
正常な血液細胞をつくることができなくなった患者さんに、骨髄、末梢血、さい帯血(へその緒の血液)から採取した造血幹細胞(血液の元になる細胞)を移植する治療です。患者さん本人の造血幹細胞を移植する「自家移植」と、提供者(ドナー)の造血幹細胞を移植する「同種移植」がありますが、白血病の造血幹細胞移植は、ほとんどが同種移植で行われます。






ーーーお知らせーーー

セミナーのお知らせです♪

日時 7月31日
時間 13時~17時
場所 タカラベルモント 大阪TB-SQUARE
協力 next innovation
講習費 6000円
講師 船橋直樹 渡邉信一 友水誠 藤田明宏

科学の水 「サイエンス・アクア」デジタルパーマ・縮毛矯正 大阪セミナーのお知らせ

*newアクア剤、アシッド・アミノの発表があります。楽しみにしててね♪

Facebookで講習会の受講者を募集しております。
クリックしてお申し込みください。





予約・講習等お問い合わせ
       ↑
気になる講習会等ございましたら、
こちらからも申し込みができます。
お問い合わせをお待ちしております。



美容師さんのためのネットショップを開いております。

Skyspaネットショップ入口
     ↑ ↑ ↑ ↑
お手数ですが、初回のみ新規ご登録をよろしくお願いします。
パスワードは、ご自分で任意で設定してくださいね。


フェイスブック
   mixi   Twitter

お友達募集しています。 フォローしてね♪


美容室skyspa
東京都葛飾区立石2-23-15-102
☎03-5654-6250 

スカイスパのブログ
  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報