極限状態のイオン結合

こんにちは。


スカイスパです。



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
いつも訪問ありがとうございます。
   ここをポチっと、お願いします。




お知らせです。

講習会を開いております。


6月9日(火)
メンズ土管アイロンタンニン講習会

キャンセル待ち

8月25日(火)
くるりんぱデザイン VS カットデザイン ナベタンvsとらお)

9月15日(火)
沖縄デジタルパーマ講習会

10月26日(月)

知って得する☆クルリンパ&パンチ☆展示&実〜技講習会




さて、昨日の続きですが、、、

 

我々に関係のある毛髪のイオン結合とは?

 

ごぞんじ酸性アミノ基(+)と塩基性カルボキシル基(-)による結合。

 

髪が一番安定しているpH4.55.5の弱酸性の等電点。(実際はもっと低いという説もあります)これを等電点です。

イオン結合はこの等電点において一番安定しています。

+イオンと-イオンの正電荷の間にク-ロン力(全ての物質は正の陽子と負の電子との混合体でこの強い力で引き合いまた反発している)が生じています。

このク-ロン力は強いので、そして一般的に融点が高く強いです。しかしながら、力が加わり陽イオンと陰イオンの位置がずれると、同符号のイオン同士が反発するため結晶は硬いですが、実はもろいですと昨日書きました。

 

ここで言う強い力、いわゆる塩基性カルボキシル基(-)、いわゆるアルカリです。
毛髪にアルカリ(-)が入ると、整っていた+と-の配位(この場合、バランス)が崩れます。同じ数でくっ付いていた+と-のところに-が入りバランスが崩れた。したがって膨潤して結合が切れる。では逆に等電点以下(4.5以下)でもつまり酸性(+)が入り崩れると、結合は切れるということになります。

これ、当然このバランス(+と-・等電点)が整っていれば頑固な結合に戻ります。

 

そうなんです。


イオン結合は強靭な結合だけど、もろいというのはこのためです。

 

イオン結合は化学反応を起こしやすくて電導性があります。

電気陰性度というのは、電子を引っ張る強さのこと。

結合して分子が出来るときに、各元素の原子核が自身の側に電子を引き付けようとしますが、その能力の尺度のこと。

例えば 2つの元素の電気陰性度の差の割合が大きいほど、電子が片方の元素に偏っている状態を意味します。

イオン結合はこの偏りの大きい結合を総称しているもので、電気陰性度の差が大きいとイオン結合、その値以下だと
共有結合といいます。

このことからイオン結合は、極性の大きい極限状態といえるのです。




美容室・サロン ブログランキングへ
        
クリックお願いします


Skyspaネットショップ入口
     ↑ ↑ ↑ ↑
お手数ですが、初回のみ 新規ご登録をよろしくお願いします。
パスワードは任意で設定してくださいね。





予約・講習等お問い合わせはこちらからです。



フェイスブック
 mixi    Twitter
 お友達募集しています。   フォローしてね。 




当店はハナヘナ認定講師のサロンです。

T2sys炭酸システム



美容室スカイスパ
東京都葛飾区立石2-23-15-102
☎03-5654-6250 

スカイスパのブログ
  


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報