錯体とコンプレックス

おはようございます。


スカイスパです。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
いつも訪問ありがとうございます。
   ここをポチっと、お願いします。
 



お知らせです。

講習会を開いております。







7月7日(月)
スピエラ・GMT・タンニンによるパーマ・アイロン講習


8月4日(月)

タンニン講習会in金沢


9月1日(月)

タンニンの理論と実践 in大阪


10月21日(月)
タンニンin沖縄


予約・講習等お問い合わせ

       ↑
気になる講習会等ございましたら、
クリックしていただけると申し込みができます。






今日は質問もあったので、

錯体についてです。


先日名古屋講習会で、タンニン錯体について少し説明したのですが、もう少し詳しくということでね。


では、錯体とは?



簡単にいえば、配位結合の構成のことですが、片方の原子が電子を2個とも出すことです。

(共有結合は1個づづです)金属イオンが配位子と呼ぶ分子やイオンが結合したもの。

これ、よくイオンと同じに考える人多いのですが(質問の人も同じに考えていました)

錯イオンも錯体と同じく金属イオンに配位子が結合したものですが、これ自体がイオンなので

+-両方を帯びてます。でも金属は陽イオンなので陰イオンと結合すると当然電荷は打ち消されて

中性になる。この場合はイオンと呼べないけどこの中性も含めて錯体といいます。


骨格は、有機物の炭素原子。ここから2個電子を出したものです。

MC結合(金属に炭素が直接結合した)錯体を有機金属錯体といいます。

(CC結合は共有結合)この有機金属錯体は日本でも特に研究が進んでいて、例えば、太陽電池

発光ダイオード、そして白金錯体の抗がん剤などに利用されています。


この金属イオンのために、有機化合物とは異なった性質がいろいろできるわけですね。

特長のひとつに色があります。この色で可視光線を吸収して光エネルギーを蓄えます。


さて、タンニンはベンゼン環に水酸基の結合したフェノールを持つ植物成分。

ベンゼン環状に隣接する水酸基の結合してカテコール、3個の水酸基が結合したピロガロール類

ですので、それらの水酸基は配位子として動きます。

硫酸カリウムアルミニウムや塩化鉄水溶液とフェノール・カテコールやピロガロールを反応させると

配位結合を形成してアルミニウム錯体塩や鉄錯体を生成します。

これが、皆川元教授のタンニン結合理論の元となる「泥染め」理論。

水溶性タンニンを繊維上に吸着、硫酸カリウムアルミニウムで後処理、タンニンは水に難溶になり

アルミニウム錯体を生成、タンニンの淡黄色の色素を繊維上に固定します(媒染)。

そして車輪梅(ティーチ木)を煎じて煮汁を作り絹糸や木綿糸を何回も浸して綿や絹の繊維に

タンニンを吸着させます。田んぼの泥の鉄イオンで媒染して繊維上に鉄タンニン錯体が生成して

青黒色のインク色に染色するのです。


この鉄タンニン錯体塩は、特に酸と塩基また日光などに対して分解しづらく化学的に安定している

ため褪色しづらく表面に保護膜をつくり内部変性を抑えます。




まだ続きます。。



ナマタン5!

ナマタン5




Skyspa ネットショップ入口


予約・講習等お問い合わせ

フェイスブック mixi    Twitter
お友達募集しています。    フォローしてね。 




当店はハナヘナ認定講師のサロンです。

T2sys炭酸システム



美容室スカイスパ
東京都葛飾区立石2-23-15-102
☎03-5654-6250 

スカイスパのブログ







スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報