FC2ブログ

ビビリ補修はハナヘナで♪

おはようございます。


スカイスパです。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
いつも訪問ありがとうございます。
   ここをポチっと、お願いします。
 




講習会のお知らせです。





5月27日(火)
第1回これからの美容師さんへ~本物を見るという事


6月17日(火)
タンニン・エアウェーブ講習会


7月7日(月)
スピエラ・GMT・タンニンによるパーマ・アイロン講習




予約・講習等お問い合わせ
       ↑
気になる講習会等ございましたら、
クリックしていただけると申し込みができます。





講習会が済んで、またサロンワークが忙しくなってきました。

あ~。。温泉行きたい(心の叫び)



大阪講習会で、ビビリ補修の質問を受けました。

酸性還元剤によるビビリ。。。


アルカリ剤よりも還元部位が深いので、少しやっかいであることは確かです。



どこかに書いてあったのですが、


矯正のビビリは、アルカリで二次膨潤させなくても、水に濡らしただけで充分膨潤しているから
二次膨潤を起こさないで還元できるGMTやスピエラで補修する??



水の深い部分を切るエステルのダメージを、またさらに水でテロンとする髪にGMT・スピエラ
を入れるという。。

これは、

はっきり言って、


危険です!



以前、まだチオグリセリンが発売されていたころ、これで良く直していた時期もありましたが、
酸性エステルが登場してからというと、GMT・スピエラで修復を試みるといいますが、
そもそも親水部位のマトリックスが空洞の状態に、例えば活性エネルギーである炭酸エチレンの
スピエラを使うとどうなるか。。

深部のパラまで、アッというまに到達。1%でも危険です。

そこにアイロンの熱処理を加える、まして水分量を保持してのアイロンワークなんて、、
危険極まりない。

ビビリ補修は縮毛矯正とは違います(キッパリ)

確かに工程は似てはいますが、同じに考えると大変な目に遭います。

出来る人は相当の経験とまたテクニックが必要です。





ビフォーです。

s9DSC_0327.jpg

エステル系のダメージです。
履歴の重なりもあります。


本日は根元のリタッチなので、根元をイチゴで白髪染めです。

s9DSC_0328.jpg

NB6です。


問題の毛先を

ハナヘナ:インディゴ:アワル=1:1:1+(高分子タンニン+マルスタン少量)

中側と外側のタンニン充填です。


30分自然放置。



乳化して、

炭酸でお流し、

トリメン処理です。

ブロー



s9DSC_0329.jpg

襟足部分。



s9DSC_0330.jpg

問題のサイド部分です。



とてもしなやかでした。

タンニンだけにまるで「鞣し」のよう。。

熱も入れないので硬くならないです。


これからの日々のお手入れ(ここ大切)もアドバイスさせていただきました。

切らないでも少しづつお直ししていけば良いと思います。





skyspa ネットショップ入口

予約・講習等お問い合わせ

フェイスブック mixi    Twitter
お友達募集しています。    フォローしてね。 




当店はハナヘナ認定講師のサロンです。

T2sys炭酸システム



美容室スカイスパ
東京都葛飾区立石2-23-15-102
☎03-5654-6250 

スカイスパのブログ


























スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成



にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
  ⇑
にほんブログ村に参加しております。
クリックのご協力をお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
16位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報