伊勢神宮

あらゆる神社の中で、別格中の別格、世界一の神宮・・・伊勢神宮に行ってきました。
この「神宮」は内宮と外宮を中心とした125のお宮・お社の総合体です
今回は、午後からというのもあって内宮だけです。

一般には内宮と呼ばれますが正式には皇大神宮といい、
日本国民の大御親神と崇められる皇祖・天照大御神をお祀りしています。

スカイのブログ
7.44mの大鳥居をくぐり五十鈴川にかかっている宇治橋を渡ります。
ここが入口です。
俗界と聖界との架け橋といわれ、この橋をわたるとそこはまさに神域。
身も心も引き締まるような気がしました。

スカイのブログ
渡って、右に曲がり第1鳥居をくぐると、右側に御手洗場があります。

スカイのブログ
御手洗場は禊みそぎの為、参拝の前に身を清めた場所。

スカイのブログ
空をみるときれいなうろこ雲が・・・
さらに進み第2鳥居をくぐると、左に神楽殿があります。

スカイのブログ
ここで内宮・荒札宮・風日祈宮の御札やお守りを授与できます。
それにしても途中途中の巨木には驚きます。

スカイのブログ

スカイのブログ

スカイのブログ
樹齢何百年の木々がいっぱいです。
巨木が生き残っているところは、それだけ成長を促す気が流れているのでしょう。
普通の山ならば、周りの木々がエナジーを吸われて単独でしか生き残れないものですが、
伊勢神宮の凄いところは、余りあってその木々を育てるだけのエナジーを森が供給している点です。
さすが神の地です。

スカイのブログ

いよいよ、伊勢神宮・内宮 御正宮参拝です。

しかし三連休とあってかこの混みよう・・・。


三十段あまりの石段の上を見上げると御正宮が見えます。

そして、上の写真では、分かりにくいと思いますが、その石段がゆるくカーブしています。

これは、真正面から神様に近づくのを避けるために、わざと造られているようです。


太陽の神、天照大御神がお祀りされている伊勢神宮・内宮の「御正殿」は、
四重の垣根に囲まれた一番奥にあります。

しかし、一般の参拝者は、外玉垣甫御門の前までしか入れません。

白絹の御幌の向うは御垣内と呼ばれる清浄な神域です。

ちなみに、ここは撮影禁止。

お養銭を静かに入れ、二拝二拍手一拝でお参りします。


帰りにおかげ横丁に行きました。


スカイのブログ
とてもなつかしい風景。
タイムスリップした気分・・・


スカイのブログ
赤福本店
作っているところが見れます。
あのあんこの模様は、手でやっているのですね。

この通り全体がまさに別世界の様な賑わいを見せているのですが
よく思うに、周りに高い建物がないということもありますが、この街全体が明るいです。

世界の木造建築の中でもいかにもと云うような工夫を凝らした設計といおうか
デザインには何とも言いようのない、独特のがムードが漂っています。

このおかげ横丁も含めてこそ、伊勢神宮めぐりなのです。

次回はぜひ外宮をみてきたいと思います。

美容室スカイスパ

スカイのブログ











スポンサーサイト

ピアノ

一時夢中になっていたピアノ。
今は、忙しさにかまけてあまり弾かなくなってます。
弾かないものだから、指が回らなくなる。暗譜してたのを忘れる。
ピアノの蓋に物置くようになったらもう最後!!
だって蓋開かないもん!

一生懸命弾いてたときは、なんと4台所有してた。
最初のピアノは、実家から持ってきた電子ピアノ。
2台目は、ヤマハのU3H。これでずいぶん練習しました。いいピアノでした。
やっぱりヤマハの生ピアノは、いいです。今は、千葉の友達のピアノショップにあります。
ピアノハンズ
3台目は、夜練習したくて、なるべくアップライトに近いタッチの電子ピアノをと頼んだら、
木製鍵盤のカワイでした。これで夜中に酒飲みながらよく弾いてた。
4台目は、アトラスのワインレッドの猫足のピアノ。
スカイのブログ
これは、高さもあって鳴りがよかった。よく響きました。当時の僕のヘアサロンに置いてました。
僕のとこに来たときは、なんと10年くらい調律してなくて、最初の1年は調律がたいへんだったなァ。
調律代もかかりました。アトラスピアノは、国立音大で設計され指定商品として、長い間国立音大で
使っていたピアノです。

今は、4台とも無くてヤマハのCP‐70だけあります。

スカイのブログ
スカイのブログ


このピアノ30年前のピアノですが、今でもマニアが欲しがる名機です。
コンデションの良いのは少ないですね。
このピアノも友達のショップのですが、たまたますごく程度の良いのがあって運がよかった!

これは「エレクトリック・グランド」と呼ばれ、グランドピアノと同様の打弦機構を備えています。

グランドピアノでは打弦時の振動が響板によって増幅されるのに対し、CP-70では打弦時の振動を
ピックアップで検出して外部アンプで増幅するため、独特の個性が加わった音色になってます。

当時の80年代のミュージシャン、原田真二、八神純子、久保田早紀、越美晴、ミッキー吉野
オフコースの小田和正や、サザンオールスターズの原由子
名前あげたらきりが無いほど、み~んなステージで使ってました。
というよりこれしかなかった。あとはローズピアノぐらい。

やっぱりグランドにスタンドマイクだとハウリングを起こしやすいし、音拾いにくいし。
とくに生ピアノの音は1980年代に出現したサンプラー以前には
アップライトやグランドを持ってくるか、設置してある会場を使用するほかに
スベはなかったのです。

あァ、そういえばしばらく調律もしていない・・・・。
調律して、また頑張って弾かないと!

美容室スカイスパ

スカイのブログ


コペン


スカイのブログ











ダイハツのコペン  
今、ほしいなと思ってる車。
 
これは軽自動車である。
軽市販車では世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップ仕様をもつ。

なんとオープンで電動のルーフを持つ自動車は

このコペンとメルセデスベンツのSL、SLK,トヨタのソアラ、そしてプジョー206CCだけ。

また、新車販売の続く現行の軽オープンカーはこの車種だけである。


車名はCompact Openから名づけられた。

64馬力を発生する直列4気筒ツインスクロールエンジンを搭載。

(現在発売されているダイハツ車で、このエンジンを搭載している車種は同車のみ)。

数少ない軽オープンカーとして、1990年代に販売されていた

AZ-1,ビート、カプチーノと雑誌等では比較されたり同系列車種とされることがあるが、

くらべるまでもなくコペンの一人勝ちである。


なんといってもこのルックス、美しいの一言。
15インチのタイヤ&ホイールのおかげもあって、堂々としたものです。
ナンバーがつかない限り、軽という実感はないです。
ドライバーがちょうど中央に配置されるので、前後重量配分やドライビング感覚も
FF車にしてはスポーツカーらしいものになっています。
フロントウィンドウの傾斜がそれほどきつくないので、非常に開放感があります。
一部のオープンカーでは、デザイン優先のあまり、目の前に窓枠がきてしまい、
十分にオープンの爽快感が味わえない車も見うけられますが、
この車はその心配はまったくありません。
乗り込んだ瞬間から走り出したくなる、そんな車なんです。

リアサイドオープンカーの一番かっこいいアングル!
トランクリッドが非常に長く、ビートや
カプチーノとは明らかに違う印象で、
前述の車のオーナーには
申しわけないですが、
コペンには高級感があります。








規格変更で10センチ全長が長くなったことも影響しているでしょうけど、
何よりデザインがすばらしいです。
まったく無理がなく、軽のサイズに収めなければ、
いけないという制約をみじんも感じないのです。
思わず目を奪われる鮮やかな赤色のテールランプや、マフラー、ロールバー、ウインカーに
至るまで、そのすべてに「軽」を感じないのです
ダイハツのセンスと努力には頭が下がります。

最近は、エコロジーの影響もあってか、ハイブリッドカーが人気があるけど、
そういう意味では一番のエコカーは、軽自動車ではないのかと思うけどね・・・。

美容室スカイスパ

スカイのブログ


美意識

今でも大切にしている写真集がある。
1950年から60年までの南仏のスターの写真集、‘A Cote d Azur Album‘

いろいろな女優が美しく変化していくその写真は、なんどメイクの参考にしたことだろう。
例えばブリジット・バルドーなら、あの個性のある顔に太いアイライン、そして無造作なヘアは
とてもファム・ファタールなのだ。外見と内面の変化が美の究極である。
あの当時のココ・シャネルやルキノからの美意識。美しさというひとつのスタイルを表現するなら
独自の美意識や個性や雰囲気をも示す、そしてその要素に魅力がある。

女性の日常は、いろんなシチュエーションで区切られている。大部分は仕事の人もいるだろう。
また習い事やコンサート、パーティ。日常は多種多様だ。
それぞれTPOにあった装いの変化は外見や気分でけでなく、しぐささえも変えていく 。
この女性特有の性質を楽しむことは、前向きな行動に繋がる。

とても好きな映画「ワーキングガール」では、その気持ちと外観の密接な関係が表れている。
仕事は二の次という、安っぽい派手な装いの見るからに冴えない秘書。
その主人公メラニー・グリフィス扮するテスが仕事に目覚めみるみるうちに
出来る女に変わっていくというサクセスストーリー。
前向きな気持ちを後押ししてくれる装いの効果を表した映画だ。前向きな気持ちというのは、
些細な行動でさえ美しいものにしていく。美意識が高まっていくのではないだろうか。

顔のパーツで大切な美意識といえば、いちばん神経を使う線の部分。
上下の睫毛際や睫毛、眉、唇の輪郭だろう。この部分を効果的に線メイクすると
確実にきれいさは出来る。その反面、メイクの仕方によっては、
まったく逆効果になってしまうのが線の特徴であり、怖いところ。
きつくなったり、自然さや品性がなくなってしまう。

最近、新たに確信した。それはきれいにすることがとても楽しく感じること、
そしてそれを感じることが美意識。こんな良い仕事、他には無いと思う。
いつまでも美意識を感じながら仕事していきたい。
美容室スカイスパ

スカイのブログ

トラコレ

「トラコレ」をご存知だろうか?初めてこの言葉を耳にした方もいるかもしれませんね。

どうやら、今までにはなかった新しい言葉の一つ、


新しい事柄を指す言葉のようだとは想像できそうです。

「トラコレ」は、「トライフィールコレクション」というウェブサイトの名称を略したものです。
では、一体どんなサイトなのでしょう。

トラコレ

アルファベット表記では「Tryfeel collection.」となります。

飲食店や居酒屋、美容院やエステ、各種の教室、ゴルフ場やスポーツクラブといった

お店や施設の多くは、初回利用時のみの「お試し価格」というものを設定しています。
「お試し価格」は、正規の価格の半分以下の価格で設定されている場合もあります。
こういったサービスについては、既に多くの方がご存じで、実際に利用された方もいるかと思います。

サイトに会員登録をすることで、より簡単に、安心に、便利にこういったサービスを利用することが

出来るようにしたサイトです。
一言で表しますと、「会員制のお試しプラン体験サイト」となります。

大阪が発祥とされています。
その後、名古屋でも始まり、いまでは東京や北陸地方でも利用可能になりました。
それぞれ、関西版、東海版、東京版、北陸・信越版の各サイトから利用したい

店舗の検索や予約が行えます。


加盟店にとってもさまざまなメリットがあります。

その一つに、サイトオープンわずか6ヶ月で一万人を達成したといわれる会員数の多さに加え、

そのなかでも圧倒的な支持を得ているという、20代~40代の女性に絞っての

集客が可能ということが挙げられます。

その他のメリットとして、「アンケート」をサービスの向上に役立てることが

できるということも挙げられます。


このアンケートは、トラコレの最大の特長とも考えられていて、お試しプランを体験した利用者は、

プランやお店についての感想を、アンケート形式で回答することが義務付けられています。
しかも、このアンケートに関しては、回答しない利用者は、

それ以降トラコレの利用ができなくなるという徹底ぶりです。
回答されたアンケートによって、お店の問題点や改善点を知ることができ、

働くスタッフの意識改革につなげることも可能なのです。


サービスの向上は、そのまま客数の増加に直結するともいえます。
トラコレでのお試しプランを体験した利用者が再来店する場合も多いというのも頷けます。
トラコレ独自のリサーチによると、半年間トラコレを利用した店舗の実績として、

リピート率が11%上昇したとしています。
まさにこれがトラコレの狙いの一つともいえます。
平均割引率70%以上という破格なお試し価格も、お店の改善に協力してくれる客へのプレゼント、

または未来の常連客を招待するためと考えることで実現可能なのです。


先日「トラコレ」の営業マンと話をすることができました。とても興味深いお話でした。

あのホテル・リッツ・カールトンスーペリアルーム 66000円もなんと27000円で泊まれます!!


美容室スカイスパ


スカイのブログ



プロフィール

スカイスパ

Author:スカイスパ
FC2ブログへようこそ!





Shinichi Watanabe

バナーを作成


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スカイスパ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
8位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お友達ブログの更新情報